nisa 手数料

投資を始めたい方へにおすすめの制度が始まります。

資産運用でおすすめのニーサ!手数料が無料はあるのか?

これから始める際、しっかりと比較して口座開設をしましょう。

2014年1月からスタートする「NISA(ニーサ)」とは、
これまでにない新しい証券税制のことをいいます。

ではどのような点で従来の制度と異なるのでしょうか。

まずNISAの最大の特徴は、株の売却益や配当金、
投資信託で得た利益に、一切税金がかからないことです。


今現在は、株で得た利益に対して、20%課税されますが、新制度を使うと、
年間100万円、5年間で最大500万円までの投資で得た利益に対する税金はかかりませんよ。

NISAを使用するには、まず通常の取引口座とは別に、
専用の口座を開設する必要があります。
この口座で上場株式や投資信託の売買すれば、非課税税制が適用されるのです。
ニーサ口座の開設をご検討されている方は、下記の証券会社がおすすめです。


これからスタートしようとお考えの方へ!ネット証券会社を厳選!

SBI証券
【利用者が多くて安心!】
数多くあるネット証券会社ですが、SBI証券は特に評判が良く利用者が多いのが特徴。その秘密はコストパフォーマンスが良いという点です。手数料も安くて利用している株式投資家も多いようです。証券会社の中でもSBIは大手ですが、口座開設数はNo.1ですので、初めての方でも安心だと思います。また顧客へのサービスにも力を入れており、カスタマーサービスもにもかなり定評があります。これからNISAをスタートしたい方は、SBI証券を候補のひとつに入れてみてはいかがでしょうか。

ライブスター証券
【手数料が安い!取引ツールも充実】
ライブスター証券は知らないひともいると思いますが、最近人気のあるネット証券会社のひとつとなっています。期間限定ですが、手数料無料などのキャンペーンが行われていることもあるので、できるだけチャンスを逃さないようにしましょう。また取引ツールも評判があり、ネットの環境さえ整っていれば、株の取引ができるようになっていますし、自分好みにカスタマイズも簡単にすることができます。ツールはモバイルにも対応もしていますから、外出先でも株価のチェックが行えますし、気になる経済ニュースなども確認できるのも魅力ですね。

GMOクリック証券
【利用者が多く手数料も魅力!】
GMOクリック証券が証券会社の人気ランキングで常に上位にある理由は恐らく手数料の安さにあるのでしょう。これは他の証券会社と比較をすれば一目瞭然。株式取引とFX取引を行う人が一般の投資家には多いかもしれませんが、前者で言えば現物取引では1約定ごとに105円からと、もうすぐ100円を割り込んでしまうのではないかという安さ。缶ジュース以下です。1日定額も230円からと、これの倍以上する証券会社が多いことを考えるとかなり安いですよね。これらの数字はもちろん最低額ですから取引量が多くなれば上がっていくのですが、初心者の方でまだそれほど多くの取引をしない人にとっては非常に魅力的。

カブドットコム証券
【安定したシステムが評判!】
カブドットコム証券は手数料自体は低めなので、手数料重視の方にも選ばれています。また初心者向けで直感的には操作出来るので、操作性は良いと言われる方もおられます。万人向けの証券会社と感じますので、小額で勉強がてらで扱う方ににも向いているかもしれません。またサーバーやシステムはかなり強化されているので、操作してもストレスの溜まる様なもっさり感はまったくなく、システム障害も聞いたことがありません。安定して高速なツールや高速で便利な自動売買が出来るので、安定性を重視する方には好まれており人気がある証券会社となっています。

安藤証券
【利用者が多く手数料も魅力!】
新しいオンライン証券が沢山出来る中で、安藤証券は歴史が長い会社ですから信頼性も高く安心感もあるのではないでしょうか。ただ、歴史が長いからと言って、サービス内容が時代遅れというわけでもなく、美らネット24では利用できるサービスも沢山あり、新興オンライン証券会社と比べても見劣りしません。さまざまな特典が用意されていたり、口座開設手数料や口座管理料無料となっていますので、負担するお金もかからない証券会社となっています。その他にもシンプルな料金体系となっていて、安全性・実績に加え料金的にもメリットが多くなっていると考えられます。


NISAの特徴と注意点について。

ただし、注意しなければならないのは、
1人につき1口座しか開設できないこと。
他の金融機関であっても、既にNISA口座を持っている場合は、
新規で専用口座を作ることはできません。

なるべくメリットのある証券会社を選んで、
口座開設するようにしてくださいね。


ちなみに、NISAを活用するには、ある条件をクリアしていなければなりません。
それは非課税口座を開設する年の1月1日の時点で、
20歳を超えており、日本国内居住者であること。

また、非課税対象の期間は、最長で5年間、投資枠の上限は、
毎年100万円、最大500万円までとなっています。
専用口座で購入した上場株式や投資信託の配当所得はもちろん、譲渡所得まで対象になりますよ。
取引手数料を安く済ませたい方はこちらもご参考に。


投資信託を始めよう!

自分で銘柄や債券など最終的な投資先を選ばなくても良いと
投資信託のことを思っているかもしれませんが、
そんな甘い考え方で利用するのは危険。

投資家はその最終的な投資先などもある程度考慮した上で
投資信託を選ばなければならないのです。
投資信託の選び方として重要な点は幾つもあります。

その中でもそのファンドの投資スタイルは重要なポイントとなるでしょう。

非常に簡単に言ってしまうと、高いリスクで高いリターンを狙ったファンドなのか、
それとも低いリスクで低いリターンを狙ったファンドなのかということ。


株式投資はリスク管理も非常に重要になります。

一般的に不動産や株式への投資はハイリスク・ハイリターンと言われ、
債券などはローリスク・ローリターンと言われています。
また、その中でも国内と海外では更に差が出てきます。

何に投資をしているのか、あるいはどこに投資しているのかで
リスクやリターンの度合いがある程度把握できますから、
リサーチを欠かさないようにしてください。
資産を増やすのが投資信託を利用する目的ですよね。
となればその資産をできるだけ確保したいわけですから、
手数料や信託報酬などの比較も忘れてはなりません。

あとは格付け。幾らファンド側が良い言葉を並べていても
外部からの評価が悪いとリスクが高まるので、
必ずそのファンドがどのような評価を受けているのか、
できるだけ格付けを調べておきましょう。